教え方を学ぶ

ジュリーの手を握り、彼女の目をじっと見ながら、私はこう結びました。
「私を含めて、男たちは女性の助けが必要なんですよ。援助の手をさしのべてください。それでも、目が覚めなかったら、その時は、あきらめても遅くないと思いますよ。
でも、”心を見ようとしない”って責める前に、明かりをつけてください。そしたら、真実な姿が見えるようになるかもしれませんよ」

保険業界の統計調査によると、愛に満ちた親しい関係は男性の寿命を九年延ばせるということです。
というのは、そのような関係において、男性は自分の心情を理解し、また、それを表現する助けを得ることができるからです。
さらに、心の悩みを生み出す原因となる問題自体の解決を可能にするからなのです。

つまり、夫の寿命をあなたも延ばすことができるというわけです。それは、夫と共に過ごすあなたの年月を延ばすこともできるのです。
そのためには、まず、あなた自身がよき教師にならなければならないのです。

ところで、夫に対する教師となるためには二つの目標を定め、達成する必要があります。
その第一は、有能な教師となるためのそれなりの準備をするということ。
第二は、夫との愛情による対決です。そして、夫があなたから学べるような精神的環境を作るということ。
この二つの目標を達成しますと、〈生徒〉の方が、ある領域では〈教師〉より優るようになるという結果が生ずることも予想すべきでしょう。
そうなったら、そうなったで、こんどは、教師は生徒から学ぶことも必要となるのです。
このような目標を達成する過程において、教師が教えるレッスンの学習を拒否する権利が生徒にあることも銘記しておくべきです。
ということは、たとえ、あなた自身が有能な教師になり得ても、生徒が学ぶか学ばないかについては、最終的には生徒自身の問題であって、あなたには責任がないわけです。
結婚生活は元は赤の他人同士だった2人が一緒に生活するのですから、
問題が発生しないとは思わない方が良いでしょう。出会った相性ピッタリの結婚相手でさえもケンカをすることがあると思います。
そんな時の解決策は用意しておきましょう。

出典:
相互リンク開く

Comments are closed.